方法

ねずみと松ボックリのツーショット

害獣駆除の中で一般的なものがあります。
それはねずみ駆除です。害獣に対して有効なものを書いていきます。

◆対策
害獣は建築物に侵入してくる際、通り道となる場所を通ってきます。
この通り道を塞ぐことは害獣をよりつかなくする手段の1つです。

ドブネズミなどが侵入し、数日間でもいた場合、その間に蓄積されたフンなどから病原菌が拡散する可能性があります。
また、壁の中などにもいるため、そのいた場所にはダニなどが多くいることがあります。
これらはリフォームすることで危険性を回避することができます。

◆予兆
害獣の被害は突然です。その為、害獣被害の際はすみやかに害獣駆除を行います。
特にねずみにはねずみ駆除などをおこないます。しかし、気づくのが遅れるといったことはあります。
害獣が発生する予兆などに関連することを書いていきます。

◆ポイント
寝たあとにカタカタと小さな音がする場合。屋根裏などに侵入している可能性があります。

次に異臭です。
ねずみは臭いを発する為、ある程度臭います。その為予兆としては十分可能性があります。

最後にダニなどの被害がでる可能性があります。
ダニは人の肌にも影響を出すため、ダニが急に増加した場合は危険です。

◆住宅のケース
害獣駆除は必要なものです。犬や猫などは生活していた場合、引っ掻き傷などを付けるだけなどの被害になりますが、害獣の場合、深刻な問題を引き起こす可能性があります。
特にねずみなどは多くの病原菌をもっていることで有名です。その為ねずみ駆除が必要になります。
こういった害獣は住宅に住み着く可能性などがあります。
害獣駆除のフォローなどについて書いていきます。

◆リフォーム
害獣が発生した場合害獣駆除などを行います。しかし、すでに住宅に住み着いていた場合、害獣のだしたフンや壁に開けたな穴などがあります。こういった被害は珍しくなく、苦情した際には修繕する必要があります。修繕する方法としてはリフォームを行うことが推奨されています。

駆除対象

松ボックリをかじるねずみ

前回の記事でも述べているように、害獣は人間に害を与える獣のことを指しています。
また、ねずみ駆除の専門業者もいますが、害獣はねずみだけではありません。
害獣には様々なものがいます。この中でも都心などに姿を表す生物は害獣駆除などの対象になっています。
害獣駆除の対象になっている獣などを紹介していきます。

◆ねずみ
まず一般的な害獣としてねずみがいます。
ねずみはどこにでもおり、種類によっては病原菌やウィルスなどをもっているものがいます。その為、害獣の中でも重要視されている為、ねずみ駆除の専門業者もいます。
ねずみはその大きさとすばしっこさから、すぐに飲食店などの中に侵入することができます。
また、繁殖力が高く、数日でその数を増やしてしまういきものです。

◆ハクビシン
次にハクビシンです。従来まではハクビシンなどは都心で見かけることは少なかったものですが、近年ハクビシンも都心に出没するようになってきています。
ハクビシンの分は非常に衛生的によくないものです。その為家に住み着いた場合、駆除が必要になります。
ハクビシンの駆除方法は数日に分けて行なわれます。その為、駆除の途中でも自宅で生活することになります。

◆その他
その他の害獣としてイタチ、モグラ、リス、アライグマなどがいます。
これらの害獣はあまり人前に姿をみせませんが、モグラなどは都心にもおり、公園などに穴を数多く開けています。

駆除方法
害獣は建築物にも侵入してくるものです。
建築物に侵入してきた場合、壁のどこかに穴などが相手いる可能性があります。
その為、建築物に対して有効と言われているものがあります。

それは建築構造を見直すといったものです。

建築物に害獣が住み着く場合、そこは害獣にとって侵入することの出来る場所であり、気に入ったと考えることができます。
その為、一度害獣駆除を行っても害獣が再び住み着く可能性があります。
特にねずみの場合、ねずみ駆除を行ってもすぐに新しいねずみが現れることがあります。